お金を借りる経歴の情報はどこで扱っている?

お金を借りる経歴は全て、「個人信用情報機関」で管理されています。個人信用情報機関では消費者金融、信販会社、銀行などの加盟会社から登録される消費者の信用情報を管理および提供しています。

個人信用情報機関の主な役割は審査の際の情報提供です。
例えばキャッシングの申込みをすると審査が行われます。お金借りたい申込者がきちんと返済してくれる信頼できる消費者かどうかの確認のために行うもので、債権者は個人信用情報機関から申込者の信用情報経歴を確認し、審査の判断の一つにしています。利用額、残高、支払遅延、法的手続きの有無など経歴に問題があると審査に通過することはできません。
また、審査に通過したいからと嘘の情報で申込みを行う人も稀にいますが、個人信用情報機関に登録されている情報でバレてしまうので、すると収入や経歴に問題がなくても信用できないとして融資は受けられません。さらに、嘘の影響で今後もお金を借りることはできなくなるでしょう。

自分の経歴を確認したい場合は、個人信用情報機関に情報開示を求めることで知ることができます。
個人信用情報機関にはCIC、JICC、KSCという3つの機関が存在し、貸金業者や金融機関はこの3つの内のいずれか2つの機関に必ず登録しています。利用している債権者が登録を行っている機関で情報開示を求めましょう。

信用情報に問題があるとお金を借りることはできませんが、その情報は内容によって数か月~10年ほどで抹消されるため、それ以降はお金を借りることができるようになります。